そこにあるⅢトップ → 2014年12月
スポンサー広告-- / -- [ -- ] --:-- 編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

つれづれ12 / 23 [ Tue ] 17:00 編集

長文です【REF神戸講習会に参加して】


超久しぶりの更新です。

冬至も過ぎ、もう約2ヶ月前のことになりますが、さつきのひかりさんのREF(レインボーエナジーフレイム)の神戸講習会に参加してきました。


REFとはなんぞや?↓
http://satukilight.blog.fc2.com/blog-entry-999.html



元々REFの伝授は受けてたけど、ちゃんと使えてるのかな?という思いがあったり、それまでにもエネルギーを扱うセミナーの参加経験はあるのですが、エネルギーを感じることにも自信がなかったのです。
ので、ちゃんと実習しに。


講習会は、まず伝授から始まります。(再伝授含む)
自己紹介してる間に伝授されるのです。
その後、いわゆる十数人で行う相互実習にいきなり入ります。
1対1や多対1で、エネルギーを送ったり送られたり。

プロテクション実習で、送ったエネルギーが直進ぜずするりと外側を流れてしまうのが分かる方がいて(多分皆さんそうだったように思います)、すごいなーと思っていたら、その方と一緒に流してみるとなんとなくそんな気がするとか、「誰かとやれば感じる」ような私のニブチン度合いでした。


ところが、新たな体験と発見。
最初の1対1で送り合う実習で、目を閉じて相手の方が背中に送ってくれるのを感じようとしていたら、鮮やかなピンク色が浮かんだように感じるのです。
で、送ってくれた方の色(なんのw)かなーとなんとなく思いまして、こんなピンク色が好きかお尋ねしてみると、「あっ好きです、何故ですか?」と。
あれーなんだこれ?

その後も、ブルーだったりブラウンだったり、組むお相手によって見える色が違うよう。

見えかたはこんな感じで、もあっとぼわっと見えるのです↓





よくオーラの色とか言いますけど、私は見えたことはありません。
でも、この講習会ではエネルギーを送られると色が見えたのです。(送っても見えたっけ?)

何の色でしょうね?
その人によって違うのは、その人の何かを感じてるんでしょうか?
そこは私もさっぱりわかりません。
ともかく、エネルギーの感じかたは人それぞれだそうですが、私は色で感じることもできるのかもね。


それでも、感じかたは色だけではないようです。
さつきさん謹製のアイテムを使ってREFを送ると、アイテムの先から風のような、もしくは磁石の同極を向かい合わせたときの抵抗のような、何かを感じることができました。
これは簡単だった。
REFのエネルギーを収束してアイテムの先から出すだけあって、手のひらから出すよりもわかりやすい。
そして、アイテムを変えることによって、エネルギーの感じも変わるみたいです。
エネルギーにアイテムそのもののエネルギーの特性が作用するからなのか?
例えば、口金の違う絞り器から出る生クリームの形が違うみたいな?(違うかw
その違いが面白くて、アイテムを取っ替え引っ替え、手のひらにクルクル字を書くみたいにして遊んだりしてました。



…あっ。
そうだ私、感じてたねエネルギー。←今さら

できてるよ、と言われても、(そう?!…でもほんとかな)って性懲りもなく疑ってしまうのです。

あれくらい数時間みっちりエネルギーのやりとりをすると、さすがのニブい私でも暑くて仕方ないのが可笑しかったです。
それも単に自分が暑がりだからじゃない?とか思っちゃうんですけど←


後日、スピリチュアルのスの字も話してない人に、アイテムで手のひらにくりくりくりっとやってみたら、みんな「なにこれっ」ってなってましたw
へえぇぇ!分かるんだ!
楽しいねぇw



こうやって、なんも難しいこと考えずにREFを楽しめばいいのかなと、いま書きながら思いました。


というのも、神戸講習会からこっち、感想を書こうとしながら2か月も書けなかったのです。
講習会で、鈍い自分に実は気後れしていたことや、
色を感じることがなんやねんとか、
私がREFを身につけることにどんな意味があるのかとか、
あれこれあれこれ人から見たらまぁどーでもいいことなのですが、考えていたのもあって…
「いや違うこんなことどうでもいい」と、書いては消し書いては消しを繰り返していたのでした。

なんで簡単な感想一つ書けないんだろう。約束も守れないダメでグズで超カッコ悪い私。と、どんどん自分責めスパイラルにはまっていきました。(考えすぎて動作が止まって自分責めの沼にハマるのは私の定番w)


ですが、だから、こうやって
超カッコ悪い私を敢えてブログで晒してみようと、今まで書いたのを全部消して書き直しました。
朔旦冬至だったし。←


そして気付いた、さっきの「楽しいねぇ」

REFを身につけたところで、別にヒーラーになりたいとか誰かを癒したいなどと思ってるわけではありません。
でも何か「できること」が増えたら、無邪気にREFを楽しんで、もしもいつか、それが誰かの何かの役に立つことができたら儲けもんなんじゃないか。


そうそう、ある時、よく行くアクセサリー店の懇意にしている店員さんが、肩を痛めたというので、その場でREFの説明をして、肩に手を当てながらREFを流してみました。
…怪しいですね?(笑)
でも、「あったか〜い気持ちいい…」と言った彼女の表情は嬉しかったです。
少しでも、気のせいでも、そんな瞬間が積み重なっていけば、「何かができる」の自信に繋がるかもしれません。


スポンサーサイト

| comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

  • ユーザタグ●
テンプレート ● cStyle_0  Template Design K-do anystyle
AD ●   Powered by FC2blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。